ダイエットに活用する水素水の選び方

水素水ダイエットを始めるには、まず水素水選びが大切です。一般家庭で利用できる水素水の形態としては、アルミパウチ、アルミ缶、水素スティック、水素水サーバーなどがあります。

サーバーは機械だけで数十万円と高価格なので、家庭での導入はなかなか難しいかもしれません。

アルミパウチや缶など気軽に手に入れられる市販の水素水についてもどれを選んだらいいのか悩むところですが、まずはそれぞれの特徴を知っておきましょう。

mizu

●アルミパウチ入り
水素は分子がとても小さく、空気にさらされると拡散してなくにってしまいますので、市販の水素水には機密性の高いアルミパウチを使用してといるものが多くなっています。持ち運びもしやすいので、いつでも手軽に利用できるのが人気です。キャップを閉じる際には空気を抜きながら閉めるようにして、なるべく早めに飲み切るようにしましょう。

・サラスバ(1個あたり参考価格:500mL/198円~)
・キヨラビ(1個あたり参考価格:500mL/270円~)
・メロディアン(1個あたり参考価格:300mL/200円~)

●アルミ缶ボトル
形態しやすく飲みやすいのが人気のアルミ缶ボトルタイプ。水素ができるだけ逃げないように
缶ギリギリまで水素水を入れてありますが、開栓後は空気に触れやすくどうしても水素が逃げやすくなりますので、早めに飲み切るのがおすすめです。・伊藤園 還元性水素水(1個あたり参考価格:310mL/185円~)
・水素水 悠久の恵(1個あたり参考価格:300mL/302円~)
●水素スティック
水の中にスティックを入れることで、スティックの中にあるマグネシウムの粒が水と化学反応を起こし、酸化マグネシウムと水素を発生させるというしくみ。スティックを水に入れてから水素水になるまで5~6時間かかりますので、すぐに飲みたい、と言う時には不便かもしれません。アルミパウチや缶の水素水に比べて価格がお手頃なので、併用して使い分けるのがおすすめです。

・水素水7.0(1か月:6900円~)
・ドクター・水素水(1ヵ月タイプ:3000円~)



プライバシーポリシー   免責事項   運営者情報   リンク集